葉酸サプリはいつからいつまで摂ればいいの?

葉酸は、妊娠を意識し始めた方が必ず目にする栄養素です。
では、めでたく妊娠した後いつまで葉酸を摂り続ければ良いのでしょうか?
まず葉酸を摂取する一番の目的は、赤ちゃんが神経管閉鎖障害になるリスクを軽減することにあります。葉酸が不足してしまうと、脳や神経がうまく形成されない恐れがあるのです。
神経管閉鎖障害のリスクの軽減のためには、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月の期間、葉酸を摂取することがすすめられています。この期間に葉酸を摂取することで、リスクは約70%軽減できると言われています。
葉酸は野菜などにも含まれていますが、水に流出しやすかったり熱に弱かったりと、普通の食事から必要量摂るのはなかなか難しいことです。
そこで葉酸サプリを利用します。葉酸サプリの利用は厚生労働省も推進しているので、妊娠を希望する方は積極的に摂取していきたいですね。
では、妊娠初期に葉酸が必要なのは分かりましたが、葉酸サプリはいつまで摂り続けると良いのでしょうか?
葉酸はビタミンの一種であり、造血作用があると言われています。血中の赤血球を合成するのに必要な栄養素だからです。妊娠中は赤ちゃんのために多くの血液を必要とするので、貧血になりがちですね。おまけに体調も日々変わりやすいので、食べ物が食べられなかったり偏食になったりします。
葉酸サプリには鉄分やカルシウム、葉酸と共に赤血球をつくるビタミンB12など不足しがちな栄養素も一緒に配合されている場合が多いので、継続して摂取することがお母さんの健康のためにも、赤ちゃんの成長のためにもなります。
さて、無事出産を終えると葉酸を摂らなくなってしまう方もたくさんいます。
でも母乳育児を考えている方には、まだまだ葉酸サプリは必要です。
母乳は血液を原料にして作られるからです。葉酸が不足していると、母乳に含まれる量も少なくなってしまい、赤ちゃんに十分な葉酸が届かなくなってしまいます。葉酸は細胞をつくるために重要な栄養素です。栄養満点の母乳で赤ちゃんを育てたいですね。
つまり、葉酸サプリは妊娠を意識しはじめてから赤ちゃんを母乳メインで育てている間は摂り続けたほうが良いということですね。

参考サイト:葉酸サプリ生活|妊娠中や妊活中におすすめの葉酸サプリメント

不妊治療でで妊娠できるのはタイミング!漢方もマカも葉酸も試した

私は、10代の頃から生理不順で、産婦人科で検査を受けたときに多義胞性卵巣症候群と診断されました。排卵障害の原因となるひとつです。自分の体は妊娠しにくい状態かもしれないということは、なんとなくわかっていたんですね。それでも心のどこかでいつかは授かると思っていたからショックでした。…:。病院での治療はすべて行って、クリニックも3つお世話になりました。

1つめはピルを処方してもらっていた産婦人科。
そこでは授からず、不妊治療専門のクリニックへの転院。それから6回の体外受精で、念願の赤ちゃんを授かりました。クリニックでの治療のほかに、漢方や日々の食事などとにかく妊活に良いとされるももは全部試しました。

「タイミングは、夫婦二人のタイミング」。

不妊治療のスタートは基本的にタイミング法から。妊活を始める夫婦にとって、必ず通る道です。しかし、タイミング法にかかわらず、妊活には〃夫婦のあり方〃がどれだけ大切なのか、
「排卵日って1ヶ月に一度のことですよね。毎月、この日にかけて病院に通って、薬も飲んで、注射も打って、卵胞を測定して……。

それでも私は生理不順で排卵がない月もありました。またやっと排卵したのに、主人が仕事で家にいなかったり、疲れていたり、タイミングが合わないことも。最初の頃は、1ヶ月を無駄にしてしまったという後悔や、私が原因だし治療にかかったお金のことなど、自分に負い目を感じていましたけど、そういう精神状態で過ごしていると、主人に「この日が排卵日だよ」と伝えることもつらかったし、卵の育ちも悪かったんです。それなら、自分だけ焦って主人を急かすのではなく、三人と私のタイミングが合うときが一番のタイミングと考えるようにしました。相手を責めても、自分を責めても赤ちゃんは来ないんですよね。だったら、まずは夫婦の仲が良くて、笑顔で過ごせるような日常生活をつくろうって。主人との関係が楽しけれ場気持ちも前向きになれる。

赤ちゃんが来てくれるためには何をしたらいいんだろうって考えたときに、自分が笑って過ごすことが大切だって思ったんです。そう考えるようになってからぐっとラクになりました。

妊娠の本質は「卵が赤ちゃんになる」ことで子供ができない方は必須

皆さんは妊娠の本質ということを考えてみたことがありますか?

夫と妻が愛し合って子供ができる射精があり、排卵があり、受精がある。そして受精が成立すると、やがてそれが子宮の中で大きくなって、ある日、外の世界に誕生する

学校の理科の教科書でも保健の授業でも、受精現象がクライマックスで、あとはそのまま誕生か、せいぜい着床の段階に飛んでしまうと思います。

でも実際は、妊娠の本質というのは、「受精卵が子宮の中で赤ちゃんに育っていくこと」なのです。少なくとも私はそう考えています。

卵管の中で精子と卵子が出会い、受精卵ができると、卵は卵管上皮の繊毛の働きで、ず-つと子宮のほうに運ばれていきます。そのあいだに卵は雁盤胞というものになり、それが卵の殻(透明帯)から飛び出して、子宮内膜の中に潜り込んでいきます。

この着床が成立した段階が〃妊娠″です。

卵子と精子が出会って受精すれば、あとは自然と胎児として育つものと考える人がたくさんいます。でもそれはとんでもない間違いです。

卵子と精子がちゃんと出会ってもなぜか受精しないことは珍しくありませんし、また精子が卵子の中に入っても、細胞分割しないで終わることもあります。

細胞分割しても、途中で成長が止まれば終わりです.順調に細胞分割しても子宮に着床しないこともあります。

そして〃不妊″といわれる人は、実はこの過程がうまくいかないケースが多いのです。こういうことは、1978年に体外受精が始まって、〃人間の卵″が細胞分割していく様子を顕微鏡で見ることができるようになって、だんだん明らかになってきました。

妊娠に関する世界は、全体に解明されていないところが大変多いのですが、中でも特に、「受精←細胞分割←移動←僻化←着床」という本質部分は、現代の医学でもまだよく分かっていません。

なぜ受精しないのかとか、なぜ細胞分割しないのかとか、なぜ細胞分割が途中で止まるのかとか、それらは「たぶんではないか」という推測はあっても、ほとんど解明されていないのです

でもその部分が妊娠の最も核になっているのだということを、まず理解してください。

妊娠に伴う卵巣について

その核を動かしているのは、みなさんのお腹の中にある〃卵″です。

皆さんが赤ちゃんが持てるかどうか、妊娠できるかどうかは、私でも他の医者でも現代医学でもなく、たいていの場合、最終的にはみなさんのお腹の中にある卵にかかっています。

私は顕微授精という、現代の生殖医学では最先端にいる分野で、毎日たくさんの患者さんと接し、毎日たくさんの卵を見ています。

そしてクリニックでは、毎月約知人が妊娠しています。

でも別にこのサイトで体外受精や顕微授精を勧めるわけではありません。

ただ、毎日、受精卵ができる様子や、受精後の細胞分割の様子を見ていると、そういう人間でないと分からないことが、山のようにあります。

その卵の様子は、ぜひお知らせしなければと思います。

意外に思われるかもしれませんが、みなさんの卵や細胞分割の様子を見ている医師は、決して多くはありません。実際に卯を見ているのは医師ではなく、エンブリオロジストという技師たちだからです。

ですから医師の口から卵の情報が伝えられることはあまりありません。

だから皆さんも卵について知りません。その知識はぜひお伝えしたいし、知っておいたほうが絶対にいいはずです。

皆さんのお腹にある卵について、ぜひ知ってもらいたいです。

ほとんどのことがクリアできるはず

山に登るのに、リュックを背負って一歩一歩自分の足で登るか、ロープウェイなどで一気に頂上まで行くか。これは目的によって違います。

登山の楽しみは前者にあるでしょう。でも山登りの好きな人でも、午後になって確実に天気が崩れることが予想できる場合は、ロープウェイなどを利用して急いで頂上に向かってしまうでしょう。

不妊治療も、ちょっとそれと似たところがあります。

結果を優先するか、プロセスを大切にしたいかは、不妊治療でも皆さん思案のしどころです。結果重視で迷わず私のところに来る方もいれば、迷いに迷って決断する方もいます。

私はもっぱら結果重視派ですが、プロセスを重視する方の気持ちは分かります。

でもプロセス優先の方でも、本質は一応押さえておいたほうが、「やっぱり結果がほしい」と思ったときに、手遅れにならずにすみます。

先ほどの登山の職えでいえば、今後の天候がどのように変わっていくのか、それを知っておくだけでも違います。

それが大事なことを押さえておく、ということです。

不妊や妊娠初期で悩んでいる方へ

世の中には不妊に関する本がたくさん出ています。精度の高い解説書も出ているし、検査や治療法の紹介もたくさん出ています。雑誌からの情報もあふれています。インターネットからも山のように情報が手に入ります。

けれども私には、たくさんの方が、その情報の森でかえって道に迷い、さまよっているように見えます。

本当に大事なのは、むしろ情報の整理ではないでしょうか。本書では、皆さんが切実に求めている情報の交通整理をさせていただきたいと思っております。

本質を知れば、早く目的地に着ける

なぜさまようのか。

それは本質を見失っているからではないでしょうか。ものごとには何でも本質というものがあります。受験勉強でも就職試験でも、仕事でも人間関係でも子育てでも、ものごとの本質を押さえている人は、たいていは何とかうまくいきます。

ビジネスでも人生でも、ハッピーに過ごすことができます。少なくとも取り返しのつかない過ちは犯しません。

不妊治療も同じです。妊娠の本質さえ押さえていれば、多少周り道をしても最終的に目的の電車に乗ることはできます.また自分が望めばより早く目的地に着くこともできます。

現在、「結婚適齢期」や「高年初産」という言葉は「死語」になっていますが、実は妊娠には「妊娠適齢期」があります。

女性のライフスタイルや人生設計が変わり、「結婚適齢期」がなくなっても、「妊娠適齢期」や「分娩適齢期」にはまったく変化がありません。

その厳しいともいえる事実に基づいて、本書では、私が〃妊娠の本質″と考えていることを述べていきます。
そしてその本質の核を握るものについて知っていただきたいと思います。